読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HANATSUNAGIの購入後レビュー 2017年度 オランダHANAKARAKUSAの評判♪

評判
小ぶりで思ったとおり!本当に可愛いです。飲み口の反りが飲みやすく飲みすぎには注意が必要です。。

コチラです!

2017年01月28日 ランキング上位商品↑

シリーズ オランダ HANAKARAKUSA HANATSUNAGI青花【ワインカップ 2,000円シリーズ EDO/うかれ異人/後姿/オランダ万才/四方異人/濃花鳥/長崎紋・縞/HANAKARAKUSA/HANATSUNAGI

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

絵柄はどれも素敵で迷いましたが後姿とオランダ万才にしました。画像から予想していたのは濃い呉須の色味だったのですが、届いて手に取ってみると思いのほか淡い優しい色の出方。頂き物やお祝いの席でもないとお酒を殆ど飲まない甘党夫婦が、そういう使い方を楽しもうとしております。青花ブランドの絵付けの中で最も濃い「紺」に近い青ではなく、もう一段階明るみのある青、空色のような淡い青でしょうか。ちなみに、どんなレビューを書くだろうと思っていたかといいますと、「食前のお酢習慣がお洒落で楽しみになります〜」っていう、先ほどのメチャ感動の後ではスナック菓子のような味わいの・・・(笑。長崎旅行で青花のフリーカップを買いとても気に入ったので両親用に買い足しです♪少し小さめなので日本酒にピッタリ!家族4人で冷酒をグビグビする機会が増えました(笑)お気に入りの器で食事すると美味しさも増しますね☆おまけで頂いた帆船の小皿には!明太子とかチーズとか御新香とか!アテを入れるのに大活躍!少しずつ青花コレクションをしたいです♪これで赤ワインを呑むと色が生えていいですよ。ワインカップですからもちろんワインにも使う予定ですが、少しグレーがかった地に青い絵が赤ワインに映えそうです。実際にデパートに行ってもなかなか気に入ったものがなく、あきらめかけていたところ、青花さんのワインカップが目に留まりました。ところが。器の「形」って!見た目!使いやすさ!扱いやすさ!は意識して選ぶんですが!こういう光の具合による殆ど偶然的?な美しさというのは!本当に!思いがけず舞い降りてくるようなものですね。「これはこれでアリかな」なんて思いつつ何の気になしにテーブルの上に置いたら「あ、濃いっ・・・!」、濃いんです(!)。後姿は好きな絵柄ですが商品の写真でも白い部分が多いので少し寂しく感じるかと思い迷いましたが眺めていると木と後姿の細身の異人さんと白い余白のバランスが絶妙で控えめな感じがわびさびを感じてとても素敵です。早速お茶を飲みましたが!口触りがとても良く気に入っています。手になじむちょうど良い大きさで、ステキです(^^)父も気に入ってくれました!商品と一緒に手書きのメッセージが入っていました。オランダ万才は見てのとおり楽しい絵柄で後姿と違って絵が大きくどちらを前にしても素敵です。昔!柔らかな細かい縦筋が全体に入ったロイヤルコペンハーゲンのカップが!午後に差し込む陽を反射して!テーブルクロスの上に驚くくらい美しい放射状の光の模様を描いたのにメチャクチャ感激したことがあります。ワイン好きの父への誕生日プレゼントとして購入しました。楽しいお正月を迎えられそうです。こればかりは言葉ではレビューし尽せないので(汗)、「一見にしかず」で、初めてレビューでの画像投稿を試みます。いやあ!こんなレビュー書くことになるなんて!注文した時には全く思ってなかったです(笑。お正月用に購入しました。シリーズ全品揃えたくなりました。大きさもちょうど良さそうだし!EDOのモダンな柄!これしかない!と。この形のカップの中で大きさで悩んだ末!お酒は飲みすぎない方が良いのでこちらの小さいサイズのワインカップにしました。昨今の和食ブームもあって!最近の我が家の食卓では食前酒にほんの少し日本酒をいただくことが多くなり!おしゃれでおじさんっぽくない(笑)お猪口を捜してました。飲み口の反り具合や、ゆったりとしたふくよかなライン、女性の手に可愛く収まるサイズ感、重厚感のある厚み、全部期待通りだったのですが、偶然か計算か、実際にテーブルにのった時の青の表現力がメチャ素敵!です。江戸時代、平戸ではワインの小売りが行われており、南蛮渡来のワイン(珍陀酒)に魅入られた長崎の人たちは、当時焼き物で呑んでいたりもしました。濃花鳥を買い求めました。また利用させてもらいたいと思います!我が家はあまりワインは飲まないのですが!可愛いので即購入。容量は約140ml!カップにちょうどよいくらい注ぐと80mlくらいでした。普通のコップじゃあ!お酢は野暮ったくて!ですね。二つ上下逆に横並びにするとわかりやすいでしょうか、飲み口の反りと逆三角のシェイプがテーブルの上からあたる光の影を作り、淡い青がテーブルの上では濃い青になるのです〜〜!写真だとフラッシュで実際よりも陰影が平坦になってますが、それでも何をお伝えしたいか解って頂けるのではないかと。ビールだったら一口ビールサイズ、やっぱり普段の日本酒、ワインを飲むのにがぴったりといった感じで夫婦で夕食の際の晩酌に毎日活躍しそうです。主人も「お店で飲んでるみたいだね」と喜んでくれました!これからも長く大切に使っていきたいと思います。そんなロマンまで連想させてくれる絵柄がとても素敵です。と言っても継ぎ足して飲んでしまえばおしまいなんですけど!食卓に置いても邪魔にならず良いです。でも!これも本当。飲み口が唇に添います、外観は写真で確認出来ますが、使用してみると、この計算されて作られているフォルムに感じ入りました!一口ビールによし、新潟の銘酒によし、勿論ワインによし。お店の方の心遣いがとても嬉しかったです。我が家は日本酒が大好きなので冷酒用に。これも!計算というより偶然の祝福ではないかと。お皿だったら!こうはなりにくいから!やはり!このシェイプだけに与えられた祝福のように思えます。